個人再生と自己破産は何が違うの?

個人再生と自己破産は何が違うの?

個人再生と自己破産は何が違うの?

自己破産という言葉は聞きますが、個人再生はあまり耳慣れない言葉です。

 

自己破産と個人再生の大きな違いは、破産はほとんどの財産を手放して借金の返済に充てる代わりに全ての借金を帳消しにしてもらうという点です。住んでいる家も手放さなくてはなりません。破産をした後は財産をほとんど失うかわりに借金を返済する義務がなくなります。

 

個人再生は住宅を自分の手元に残す代わりに、借金の返済義務は残ります。返済は続けなければいけませんが、借金を大きく減らすことができるので返すのが楽になります。

 

個人再生をするには継続的な収入があることが条件になっていますが、これは借金を返し続ける必要があるからです。

 

借金が100万から500万円の場合には最高100万円程度に、500万円以上1500万円未満の場合には借金の5分の1程度に、1500万円以上3000万円未満の場合には最高300万円までに、3000万円以上5000万円未満の場合には最高総額10分の1まで減額されます。

 

住宅を手放さないので住宅ローンは借金減額の対象にはなりません。

 

自己破産は手続きの間つけなくなる職業がありますが、個人再生にはそのような制約がありません。

 

また借金の原因がギャンブルや浪費などの場合自己破産をすることができませんが、個人再生には影響がありません。個人再生デメリットについてさらに詳しくはコチラ。


ホーム RSS購読 サイトマップ