個人再生をすると財産はどうなる?

個人再生をすると財産はどうなる?

個人再生すると財産はなくなるの?

個人再生が自己破産と異なる大きな点に、20万円以上の財産があっても保有しておくことが可能ということがあります。

 

ただし、 保有している財産の価格が支払うことになる弁済額よりも大きい場合は、多い分の額を加えて弁済することになります。

 

このことを「清算価値保障の原則」と言いますが、要するに、債務者に個人再生をして「得をした」ということをさせないために課されている制限です。

 

例えば、600万円の債務のある人が個人再生を認められると、債務は120万円に減額されます。

 

しかし、債務者が150万円の価値のある宝石を持っている場合は、150万円から120万円を引いた30万円を弁済額に追加しなければなりません。

 

また、ローンの残っている住宅において、現在の住宅の評価額がローン残額より上回る場合は、「住宅の評価額-ローン残額」の金額を支払わなければならなくなります。

 

そのため、住宅の評価額が高額だった場合は債務の減額が大幅に縮小するため、個人再生を断念せざるを得なくなる場合が稀にあります。

 

ちなみに、清算価値の評価額を決める基準となる時期は、再生計画の認可が決定された時点になっています。

 

なお、個人再生の特徴として、住宅を所有し続けることができる代わりに、住宅ローンは減額の対象になりません。そのまま、約定通りに支払っていくことになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ