個人再生のメリット【自己破産よりリスクが少ない?】

個人再生のメリット【自己破産よりリスクが少ない?】

自己破産よりも軽く、借金の額を大幅に減額することのできる「個人再生」がいま、注目を集めています。

 

個人再生をすることのメリットというのは、それまで借金に苦しんできた人からすれば、何を置いても行いたい手続きなのです。

 

まず、あなたが多重債務者になってしまい、弁護士事務所に行き、個人再生をしたい旨の相談をしたとします。すると弁護士は即日でカード会社へあなたの個人再生を担当したと通知をするのです。

 

これで頻繁にかかってきた督促の電話やお知らせは止まります。

 

まずここで精神的に追い詰められることはなくなります。

 

次に、あなたが借り入れをしてきたお金が、原則5分の1にまで減額されます。

 

例えば、あなたが500万円の借金を個人再生したとしたら、100万円にまで減ります。

 

これを3年から5年かけて全額返済していくのです。そして個人再生の最も大きなメリットは、住宅や車といった個人資産を手放すことなく、債務整理が行えるということなのです。

 

そして会社にもばれないため、あくまでも秘密裏に手続きを進めることができるのです。

 

個人再生後は一定期間(5年から10年)借り入れができなくなりますが、それを差し引いても、自己破産をするよりはよっぽど建設的に返済計画を進めることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ