個人再生法で借金は解決できる?

個人再生法で借金は解決できる?

個人再生法とは?

個人の方が借金を払うことが出来なくなった場合、個人再生という形で再建を図ることになります。

 

2001年に施行された個人再生法を利用すれば、借金を大幅に減額することが出来ます。

 

お金の払えない方にとっては自己破産に次ぐ手段となっています。

 

支払督促無視すると全てを失ってしまう可能性があります。そうなる前に債務整理をすることをおすすめします。

 

自己破産と違う点は、借金を返さなければならない点です。

 

しかしその額は大幅に減らすことが可能なので、返すことはできるはずです。

 

また住宅を残すことが出来るメリットがあります。自己破産では住宅も失うことになりますが、家は残る可能性があるのです。

 

個人再生を行う場合は、弁護士に相談して再建計画を立ててもらいます。

 

この再建計画に債務者は手出しが出来ません。

 

そして個人再生を行うことを申請すれば、借金の額を減らすことが可能です。

 

この時残る借金は最低100万円からとなっています。

 

減らせる額は残っている借金の額によって決まります。100万以下の借金は減らせないので気を付けてください。

 

また住宅ローンは減額対象になりません。
その代わり住宅ローンの返済期限を引き延ばすことが可能となります。

 

この再建計画が了承されない場合も出てきます。その場合は自己破産の申請に切り替えることが出来るメリットもあります。

 

人生の再スタートを切るためにも、この法律は必要だと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ