個人再生すると官報に載るのでしょうか?

個人再生すると官報に載るのでしょうか?

個人再生すると官報に載ってしまう?

とても返済できない借金を背負ってしまった方でも、
債務整理の方法である任意整理、自己破産、個人再生などいずれかの手続きを進めると借金問題を解決できます。

 

任意整理は裁判所を通さずに任意で債権者と交渉し、借金の減額、将来利息のカット、3年から5年の返済期間を認めてもらいます。

 

自己破産は裁判所に支払い能力がないと判断されると、借金すべての免責が認めてもらえます。

 

個人再生では再生計画案を作成し裁判所に提出すると、原則5分の1までの借金の減額され、3年から5年の返済期間が認めてもらえます。

 

債務整理の手続き方法によって国が発行する機関誌である官報に住所氏名が記載されたり、
信用情報に登録されるいわゆるブラックリストに載ってしまうことがあります。

 

任意整理では官報には記載されず、ブラックリストに載る期間は約5年です。

 

個人再生デメリットには官報に記載され、ブラックリストに載る期間は約7年~10年です。

 

自己破産では官報に記載され、ブラックリストに載る期間は約7年~10年と個人再生と同様です。

 

信用情報に登録されている期間は新規でローンを組んだり、クレジットカードの作成ができませんが、期間を過ぎれば出来るようになります。

 

しかし一度信用情報に登録されると審査が厳しくなることがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ