個人再生すると借金の返済額はどれだけ変わるの?

個人再生すると借金の返済額はどれだけ変わるの?

個人再生後の借金返済額はどれだけ変わる?

とても返済できない多額の借金でも、
大幅に減額されたうえで、3年から5年で完済を目指せる手続きが個人再生です。

 

再生計画案を作成し裁判所に提出して認められると、再生計画案のとおりに減額された借金を分割返済、返済が終われば借金は完済です。

 

原則5分の1までに減額されるので、500万円あった借金でも100万円までに減額されます。

 

毎月の返済が今までより単純計算で5分の1になるわけですから、かなり楽になります。

 

最低弁済額は借金の総額によって変わります。

 

3000万円以上5000万円以下の多額な借金の場合は借金額の10分の1まで減額されます。

 

個人再生では住宅ローン特則が設けてあり、今返済中のマイホームは差押えされることなく債務整理を行えます。

 

住宅ローンの支払いは減額されることはありませんので、今まで通り返済を続ける必要があります。

 

住宅ローン特則を使用するには一定の条件を満たさないとなりません。

 

ですが自己破産ではマイホームは差し押さえられ競売で処分されてしまうので、一緒に住んでいる家族に迷惑が掛かってしまいます。

 

安定した収入があり大幅に減額されれば返済できるときは個人再生、
職に就いてなく支払い能力がないときは自己破産と、状況に合わせて最適な手続きを選ぶ必要があります。

 

 

個人再生デメリットについてもう少し詳しく。


ホーム RSS購読 サイトマップ