個人再生のデメリット【借金は本当に解決する?】

個人再生のデメリット【借金は本当に解決する?】

個人再生をするデメリットも考えておくべき事になります。

 

リスクもある個人再生ですが、官報や信用情報(ブラックリスト)に掲載されるのかが大きなテーマになります。

 

まず、ブラックリストには掲載されます。

 

個人再生は債務整理になります。

 

債務整理をすると掲載するものになりますので、その点は注意してください。

 

ブラックリストに掲載される期間は5年間から10年間と言われています。

 

かなり長期間になりますので、ある程度の覚悟を持って個人再生をする必要があります。

 

その5年間から10年間ですが、注意をしてほしいのがまず新しい借り入れができなくなるという事です。

 

消費者金融業者からの借り入れもできなくなります。

 

さらに、クレジットカードも作成できなくなります。

 

カードの審査で落選することになりますので、クレジットカードも使えなくなると思ってください。

 

そして官報ですが、こちらにも掲載されます。

 

ただ、官報については、読んでいる方は限られます。

 

ですので、個人再生をしたという事が発覚することはまず考えられません。

 

その点は安心していただけると思います。

 

同僚の方に知られることもありませんし、親や兄弟に知られるようなこともほとんどありません。

 

官報とはそれほど多くの方が利用していないわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ