個人再生の流れ※すぐに借金を解決したい人向き

個人再生の流れ※すぐに借金を解決したい人向き

個人再生の流れについて

債務整理の中の個人再生を希望する場合に注目してほしいのが手続きです。

 

前もって把握しておくことがおすすめになります。

 

手続き方法によっては、難しいと感じることがあるかもしれません。

 

そういった場合には、弁護士事務所などに代行してもらう事も可能です。

 

専門的な文書を書かなければいけない事もあるので、個人的に行うのは少し難しいかもしれません。

 

では、個人再生の手続きですが、一般的なのが弁護士事務所への依頼ですのでそちらを解説します。

 

まずは、弁護士事務所に手続きを依頼します。

 

これを受任といいます。

 

貸金業者に弁護士事務所から、受任したとの通知が送られます。

 

その結果、督促がストップすることになります。

 

さらに弁護士事務所では引き直し計算がおこなわれます。

 

これは過払い金があるかを調べるための作業になります。

 

もしも発見できれば、貸金業者から返済してもらえるのです。

 

そして申し立て書類を準備します。

 

申立書類の下書きや必要書類の収集は依頼者がしなければいけません。

 

準備が終われば裁判所へ提出します。

 

裁判所では、個人再生委員面接があります。

 

書類を提出してから1週間から2週間後になります。

 

あとは裁判所内で手続きが行われることになります。

 

貸金業者の債権認否等が提出されて、最終的な判断となります。

 

再生計画認可決定がされれば、決定された内容に沿って返済の開始です。

 

以上がだいたいの個人再生の流れになります。

自己破産

 

債務整理の中でも自己破産に関することはこちらでチェックされてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ